いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィーンと六本木のクリスマス市

<<   作成日時 : 2007/12/09 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日のウィーン旅行お土産話の最終回ですね。この時期にウィーンに行く目的の一つに、ドイツ圏で行われている「クリスマス市」が挙げられるでしょう。

出発前に私も、家族からクリスマス市に関するページ(PDFファイル)を印刷した紙を渡され、市庁舎前の一番大きな市場には必ず行くこと、と申し渡されました。

画像


ウィーンのクリスマス・ショッピング:伝統のクリスマス市とデザインショップ(ウィーン市観光局公式)

市庁舎前のクリスマス市(ウィーンのカフェ関連のサイト「まろん・くりーむ」)

クリスマス通信〜クリスマスマーケット始まる〜(地球の歩き方「ウィーン特派員ブログ」)

オーストリアtoジャパン:特集記事-ウィーンのクリスマス市

画像


ということで、街中にちょっとした広場があれば、そこには文化祭の屋台のような市がたっていて、入り口には「クリスマスツリーの飾りを売る店」、奥に行けば、おもちゃとか、チョコレート菓子とか、大きな綿あめとか、ソーセージやシュニッツェルとかプレッツェルなどと共に、温かいワイン(グリューワインと言うらしい、シナモンや砂糖が効いた味)の屋台などが並んでいます。尤も、夜は混雑するのでスリに注意、といった話もあるのですが...イルミネーションが綺麗ですから見逃すには勿体無いです。

それに何と言ってもお祭りの屋台。単なるソーセージの鉄板焼きであっても、焼きりんごのお菓子でも、寒い中でかじれば美味しいのです。クリスマス用品を売っているので、帽子や手袋、おもちゃとか飾りつけ、子供に配るようなお菓子とか、クリスマスカードといった派手な品物が多く、歩いているとわくわくしてきますよね。


というのにあやかりたいのか何なのか、帰ってきてからも、クリスマス市を見かけました。

クリスマスマーケット 2007(六本木ヒルズ)

画像


さすがに4年も経つと客足も落ち着いてきてしまうので、ライトアップしている傍に市場を開設。やはり入り口にはクリスマスツリーの飾りのお店。マグカップに入れてくれるグリューワインはここでも健在のようです。
縁日に人が集まっているのを見るのは、どこも楽しいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィーンと六本木のクリスマス市 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる