いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ミシュランと言えば恨ミシュラン

<<   作成日時 : 2007/11/20 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

だと思うのですが、全三巻の単行本は段ボールの中...また今度、サイバラさんの毒舌を読みたいものです。

いよいよ木曜に東京版ミシュランガイドが発売されるということで、昨日は麗々しく星がついたレストランのシェフを集めてセレモニーをやっていましたが、見事なまでに行ったことのないお店ばかりでした...

記憶を隅々までひっぺがしてみると、開店したてで今ほどの名声ではなかったロオジエ(三ツ星)、ステーキが美味しかったクレッセント(一ツ星)、個人的には値段に見合わなかったと思っている分とく山(一ツ星)だけに行ったことがあるようです。あとは「店の前なら何度なく通っているんだけど...」な菱沼やあさぎ、近藤やゆう田、海味や竹葉亭とか、系列の他の店なら行ったことがある中国飯店とか竹やぶ、先日行こうとして満員で入れなかった久兵衛など、妙に縁のない感じがします。

...しょせんガイドブックに載っているのは1人1万円以上のお店ばかりで、そういうところに行くシュチュエーション自体がレアだもんねぇ。


ということで、ついつい思い出す恨ミシュラン。さすがに15年近く年代差があるので、あまり扱っているお店は重ならないようです。


私の記憶によれば、あら皮(ただし東京ではなく神戸)、うかい亭、近藤、トゥールダルジャンくらいじゃないかな?両方の店に取り上げてもらった栄誉(?)を持つのは。
東京にはきっと万の単位でお店があるだろうし、出来たり無くなったりも激しいうえに、本家も恨ミも百数十ずつしか取り上げていないのだから、重なるだけでも大したものかもしれません。

お金もかかるけど、料理、店の雰囲気などの全体である一定の水準ですよ、というお店のリストであるミシュラン。接待とかフォーマルパーティとかには役立つのだろうし、本も読んでみたい気はあるけど、やはり、載っているお店に行くのはなかなか難しそうです。
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミシュランと言えば恨ミシュラン いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる