いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 学生向けには無料配布の科学雑誌

<<   作成日時 : 2007/09/28 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ずいぶん前に朝日新聞で見たネタですが、高校生向けにサイエンスの話題を伝える雑誌を大学院生が作っているのだそう。

科学雑誌「サムワン」

バイオベンチャーのリバネスという会社が発行する雑誌で、雑誌のスタッフは院生と学生。なんと6万部も発行され、高校生以下には無料(ただし送料自己負担)、それ以上の方には100円+送料で配布されているのだとか。

朝日新聞の記事によれば、
 編集方針は「いつもあなたのそばにサイエンス」。6月に出た2号(32ページ)では、日焼けなど身近な話題を科学的に説明。研究者・技術者の仕事や学生時代についてのインタビューもある。高校生が通学中でも手にとりやすいよう、微生物をあしらったおしゃれな表紙にした。


メインターゲットが高校生(理系大学の志望者集め?)で、発行している側も社会に出る前であることが影響しているのか、研究者や技術者の学生時代みたいなネタが出てくるわけですが、もう少しターゲットが若いと「夕焼けはなぜ赤い」みたいなネタになったりするのでしょうね。

そういえば、ベンチャー企業の事業なのに、このボランティアまがいの仕組みは一体どこで収益が出ているのでしょう?広告モデルか何かなのかな?そこも気になるところです。


最近は「サイエンスコミュニケーター」なんて仕事もあるようで、最先端科学研究とか技術というものが、半ばブラックボックス化して、普段の生活と乖離したもののように繋がりが見えなくなった結果、大衆の関心が離れていくのを食い止める意図があるのでしょう。

個人的には、
高校生相手に科学技術のとっかかりを示すのなら、携帯電話でどうやってメールがやりとりされているのかとか、口臭等の体臭のメカニズムなんかを取り上げたら興味をひきそうな気がするのですが、いかがなものでしょうか>編集部さま

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学生向けには無料配布の科学雑誌 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる