いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今度は宇宙花火なんだそうな。

<<   作成日時 : 2007/08/31 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

珍しく、トラックバックで送られてきた内容に触発されたエントリ。大気圏のてっぺんの薄いところにリチウムを流すことで、夜空に遠い赤い花火を見せることができるらしい。

宇宙に輝く特大花火を見てみよう! 〜WINDロケット実験〜


高知工科大が観測ロケットを打ち上げ、何かマーカーになるものを飛ばすことで、大気圏の上層部での気流とかを調査している、というのが本筋なのですが、夜空に花火のように見えまっせ!ということなのだそうな。

最初のトラックバックでの情報によると、昨夜(30日)の夜に実施される予定だったらしいが、日本列島が秋の長雨シーズンに入ったのか(皆既月食楽しみにしてたのに...(ToT))、地上から夜空を見上げられない状態では気流観測が出来ないので延期中。現時点では、9/2(日)の夜らしいが、観測予定地点の天候が悪い場合はさらに延期もあるとのこと。


で、その観測ロケットが打ち出すのは「リチウム」。充電池でおなじみの物質ですが、酸化しやすく、今回のように放出すると赤く光って見えるはずだから、その光った赤いものがどう動くのかを観測することで、大気の流れが分かるという仕掛け。何でも、3回放出するのだそう。


高知工科大の専用ページには、リチウム放出の時間(延期情報もここ。モバイル対応サイトあり。)や、日本国内で観測する場合(さすがに日本以外の方は見られないと思います...)の観測予定角度、実際にどうやったら見られるか、といった解説が出ています。

実施は、9月2日(日)の午後7時半頃の予定で、東京での観測の場合、南西の方角(高知の方角?)で見られるということですが...はてさて。

宇宙花火というと、流星群のように、たくさんの塵を宇宙空間から大気圏に「流れ星として打ち込む」イメージになりそうですが、これは一体どんな感じで見えるんでしょうね。

(4/3追記)
S-520-23号機打上げ成功!(JAXAサイト)

ということで、ぼぉっと赤い玉みたいなものが見えた模様。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今度は宇宙花火なんだそうな。 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる