いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「牛肉コロッケ」はまだ肉を混ぜているだけマシ?

<<   作成日時 : 2007/07/13 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

と開き直ることもできそうな事件ですねぇ、中国産の「段ボール製肉まん」は。

「段ボール肉まん」違法販売=劇物で加工し具と偽装−北京(Yahoo!ニュース 時事通信)

段ボール入り肉まんの動画ニュース(Yahoo!ニュース)

北京の露店で売られている肉まんの中には、粉々にした段ボールで増量されたひき肉(段ボール6にひき肉4の割合)が入っていたということだけど、買った人は食べられたんでしょうか?

その段ボール、柔らかくするためなのか、変色させるためなのか、カセイソーダに漬けて黒っぽくしていたと書いてあるが、このカセイソーダ(ちなみに特定会社の商品名でもあるので、こうした文章に使っていいのかは不明)って、石鹸を自作したりするときに使う水酸化ナトリウムのこと。基本的に強アルカリの溶液なので、酸の溶液と同様、皮膚につくと危険な代物のはず。

目的はコスト削減だったそうで、安い商品を出せば大いに売れて儲かるから、がんばってみる、という話が行き過ぎるとこうなるわけですね。練り歯磨きとかもそうだったわけだけど、結局、口に入るものが極端に安い場合、それはロクなものではない、ということか。「極端に安い」をどう見分けるかが厄介ですけどね〜。


この段ボール肉まん、粉々にしてひき肉と混ぜ、肉まんの具として約10分間煮込んで作られる。段ボールとひき肉が混ざった具は、外見上は本物と見分けが付かないという。

↓こっちのシャッチョウさんと意気投合しそうな努力ですな。

最近面白かったコピペ(たけくまメモ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国の肉まん騒動にまた進展が
結局、「段ボール配合肉まん」など最初っから流通していなかった、ということで幕引きになるようですが、はてさて。 ...続きを見る
いーわん情報源 たまには日記
2007/07/19 12:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「牛肉コロッケ」はまだ肉を混ぜているだけマシ? いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる