いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 親しみやすいフランス料理屋CITABRIA

<<   作成日時 : 2007/06/05 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

南青山と西麻布の境界近く、富士フィルムの前の本社ビルの裏手辺りにある、CITABRIAというお店に連れて行ってもらいました。

CITABRIA

何でも、ザガットサーベイで「内装」などの分野で最高評価を得ているということだったので、どういうお店なんだろう?(雰囲気重視??)という興味もあったのですが。

地下鉄の表参道などが最寄り駅ではあるが、実際、どの駅からでも15分は歩くロケーション。実は一番簡単な方法は、渋谷から、六本木経由新橋行きのバス(渋88と呼ばれる系統)に乗って、南青山七丁目の停留所で降りることではないかな?まぁ、タクシーで乗りつけるお店だと考えるのが正解みたいですけど。

で、ハウスウェディング専門?という予想はあながち間違っていなかった模様。ウェディング需要向けのお店のサイトもありました。

入り口近くにシガーバーやちょっと大きめの個室、あとは1Fと地下に客席が広がっていて、1Fの奥の方に4人ぐらいのグループが中に入るような区切られた空間をいくつか用意してあるお店。訊いてみると、控え室や受付と会場の構成に対応できるようにしてあるんだとか。やはり一軒家のフランス料理屋(カリフォルニア風のフレンチなので、いわゆる正当ではないですけど)は、結婚式需要が重要なのね。


とまぁ、好奇心で訊いた話はさておき。料理はボリュームがある料理と無い料理があるので、食べたい人とあまり食べない人が一緒にいても品数は揃えられそうな感じ。自慢料理は「ポークチョップ!」なので、野菜を焼いたものと二品でオーダーしましたが、1人分としてはそれで十分な量でしたね。お肉がジューシーで味はなかなか良かったです。何より、付け合せのパンがいつも焼きたてで、無くなるとお代わりをくれるので、ついつい食べ過ぎて...3個も食べてしまいました。

画像


で、内装ですけど、「東京一」というほど凄いとは思わなかったのですが、スポット照明とろうそくを使っていて暗めなので、もしかしてよく見えていないのかも。窓の外の庭は樹木が生い茂っていて、なんか雑木林の中にでもいるみたいだったので、そこはポイントになるのかな。店員さんは必要なときにはさっと来る感じだったので、これは合格。尤も、話しかけると普通に雑談していくので、馴れ馴れしいと感じる可能性もあるけど、コンセプトはカリフォルニアなので、これが正しい接客だと思うし。

常連さんの紹介記事などもあるけど、確かに1人8,000〜10,000円くらいで美味しいフレンチ、というマイカテゴリには十分に入りそうです。
ザガットサーベイ東京のレストラン〈2007年版〉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
親しみやすいフランス料理屋CITABRIA いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる