いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「るるぶ港区」を買ってみた

<<   作成日時 : 2007/01/19 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

観光ガイド本を地元民が買うのってどうよ、という気は非常に強いものの、港区紹介のくせに港区内で主に販売されているガイド本というのも疑問だったので、買ってみることにした。

港区の魅力満載  「るるぶ 港区」 11月17日(金曜)発行(港区プレスリリース)

JTBが地元密着の特別版るるぶを作る事業をやっている、というのは、ずっと以前にNHKのニュースで「るるぶ杉並区」を取り扱っていたので知っていたが、東京23区のうちで8番目が「港区」らしい。他の区もやってますよと焚きつけたのだろうけど、特定の「区」でガイド本を作る概念はよく分からないですね。

それこそHanako辺りと区別がつかなくなりそうだが、「るるぶお台場」とか「るるぶ下町」とか「るるぶ中央線」とか言われた方が、ガイド本としての一貫性を保ちそうなものの気がするんですけど...

とりあえず、このガイド本では、港区を5ブロック(青山・赤坂、麻布・六本木、高輪・白金、新橋・虎ノ門と芝浦・港南)に分割。妥当といえば妥当な分割なんだけど、実は港区内って、ちょっと前から行政単位をこの5ブロックに分割しているので、それにあわせているように見えなくもない。

巻頭ページが「地元球団ヤクルトスワローズの応援企画」で、後は「るるぶ」らしく、港区で買う土産物の紹介とか、庭園や観光スポット、オススメのお店など。
企画に区役所が入っているなぁ、と思わせるのは、港区肝煎の「○食MINATO」という、野菜主体の低カロリーランチのお店とメニューの紹介がどんと出ていること。「区役所ってこんなに便利」というお手盛り?なページが取られていること。

その意味では、「観光ガイドブック」なんだか、「新規居住者向け港区案内」なんだか微妙な作りではあります。


記事で笑ってしまったのは、三田の紹介部分。扱いは、地元の慶応を使って、「応援指導部オススメの食べどころ」という2ページ記事のみ...オフィス街で何もない、と言われてもしょうがないのは確かだけど、学校自体も紹介していないし、せめて駅前の「江戸城無血開城に関する西郷と勝の会見記念碑」くらい紹介せい。

しかしまぁ、いろんなものが区内にあるのねぇ、というのを見られる点では面白い本でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「るるぶ港区」を買ってみた いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる