いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ヨックモックのチョコ入り餡を挟んだ榮太樓のどら焼き」を食べました♪

<<   作成日時 : 2006/11/21 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

東急東横のれん街の55周年記念菓子ネタの続き。

(前回はこちらの「虎福の夢」)
「虎屋の羊羹をはさんだ福砂屋のカステラ」を食べました♪

今回は「めぐりあわせ」というお菓子、コラボレーション企画ですから、そのまんまな名前です。

老舗のコラボレーション特集(東横のれん街)

に出てくる、榮太樓總本鋪と、ヨックモックの合体品です。

北海道産の小豆に白いんげんを加えたつぶし餡と、ヨックモックが選ぶチョコレートをブレンドして、小豆の風味とチョコレートの上質な香りが絶妙なペーストに仕上げました。このペーストに合せるのは、モチモチしっとりのどら焼きと、サクサクふんわりのダックワーズ。

実際には、こちらの方が虎福の夢より先に買えました。期間前半なら両店舗で40箱、後半になると20箱、ということで、希少性ではこちらの方が上だったはずなのですが...
「チョコ入りの餡ペースト」という得体の知れ無さが、「羊羹とカステラ」の分かり易さに負けたのでしょうか。土曜の午前11時頃に行っても普通に売ってましたね。数が少なくなってからはどうだったか覚えていませんが。

全品手作りという箱を開けると、真ん中にそのチョコ入り餡ペーストの瓶詰めが納められており、両側にどら焼きの「皮」とダックワーズというビスケットみたいな菓子が3つずつ個装されて入っていました。それらに餡を挟んで食べたり、他の塗るものを用意したりして楽しむ、という按配です。

画像


純粋な餡ではなく、チョコレートが混ざっているせいか、たぶん脂肪分だと思われるこってりした感じがあるのですが、あまりチョコレート自体の味は強く出てこない気がします。なので、我が家的には和風のどら焼きにする方が評判がよく、「ちょっと違う味のどら焼き」扱いでした。

よく売り物の和菓子で「自分で作る最中」とかがありますけど、そんな感じで、食べる前に自分で餡子の量を調節したりすると楽しいので、別にチョコ入りでなくてもいいから、餡ペーストの瓶とどら焼きの皮のセットとか販売してくれると、買ってしまうかも。

まだ、今回のチョコ入り餡、残っているから、最後に「クラッカー」でも試してみようかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヨックモックのチョコレート
 今日は、自分の父親の月命日なので、昨日の日曜日に実家へ供養に行って来た。実家には78歳になる母が一人で留守番をしていたのだが、ほどなく兄夫婦も戻ってきて歓待してくれた。帰りしなに土産物ということで、玄米、白菜、大根、葱を持たされた。そして甘党の妻を思い... ...続きを見る
素直研究所
2006/12/04 23:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ヨックモックのチョコ入り餡を挟んだ榮太樓のどら焼き」を食べました♪ いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる