いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS セレスティンホテル(田町)に一泊してきました

<<   作成日時 : 2006/11/13 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

...といっても1ヵ月近く前のことですけど。東京に住んでいて東京のホテルに泊まるのは初めてです。

セレスティンホテル

会社のパーティで、ここの一泊チケットをもらったのを、なかなか使う機会も無いまま、期限切れを迎えそうになったので、一泊の予約を入れて出かけて来ました。普通、こういう風に使うあてのないホテル宿泊券(ネット価格で1泊2万円強相当)などは、オークションで売りさばいて現金化するのが常識だと思うのですが、まぁ、東京で高級ホテルに泊まるなんて、それこそ自腹ではやりそうにも無いので...


持っていた宿泊招待券は、デラックスダブルというお部屋。ホテル缶詰で試験勉強を予定していたので、広いお部屋はありがたいところ。他にも免許の書き換え予定があったので、月曜を休暇にし、その前日に宿泊の予約を入れました。

チェックインは14時で翌朝11時チェックアウト、ということなので、早々にお部屋入り...

画像


とりあえずベッド自慢だと聞いていましたが、確かにご立派。

「シモンズ社製ポケットコイル式ピロートップ付」というタイプで、

ここで見たら、ダブルのマットレスだけで12万もしている...その上、このホテル、ダブルベッドの上に羽まくらが6つも。フロントに訊けば、そば殻入りなどの他の種類の枕もご用意するとのこと。全部貸してもらって、寝心地チェックでもやれば良かったか。

まぁ、田町という周りに何もない場所のホテルなので、景色とかはどうでもいい感じ。中庭で狭い空を眺めることができるのが外との接点?

他にも、24時間利用可能のラウンジがあって、コーヒーやお茶・紅茶を飲みながら新聞と本(シェイクスピアとか世界の美術館みたいな古い全集もののセットが主、新刊などの本はさすがに置いてません)が読めたり、10分100円みたいなコンピュータ端末を使えたりします。尤も、部屋にLAN線がもれなくあるのに、マシンを使う人ってのもなかなか居ないと思いますけどね。

ホテルサービスとしては、ルームサービスは真夜中とかには対応してくれないし、その代わりなのか、ドミノピザが部屋までお届けに来てくれることになっているし...ということで、高級ホテルとしてはちょっとアレレな印象。

結局、問題集をやったり、参考書を寝転がりながら読んでいただけで、一泊缶詰をして出てきましたが、さすがに、ベッドの寝心地はすごく良かったです。沈み込むわけでもないし、逆に固いマットレスでもないし、スプリングで跳ねる感じでもなく、ほどよい沈み加減で楽に転がっていられます。

チェックアウト時に、ベッド欲しいですねと言ったら、特注品なので同型品はシモンズ社でも販売していないとのこと。ちょっと残念。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
セレスティンホテル(田町)に一泊してきました いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる