いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS コストパフォーマンスが良かった浜松町のフレンチ

<<   作成日時 : 2006/07/30 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、契約期間が終了する派遣さんの送別会をしていました。本人の希望は

美味しい料理と美味しいワインを頂きながら和気藹々とお話

...会社宴会の定番、大皿料理の居酒屋は却下ですかそうですか。で、有楽町あたりの「大皿料理のイタリアン」も却下。合コン用(?)店舗はうるさくて「和気藹々とお話」に支障があるということかー。

といった挙句に探し出したのがここ。

NGUYEN(ぐるなび)

NGUYEN(お店のサイト)

グエンと読むこの言葉の意味は不明なのですが、もしかして元植民地のベトナム語?JRの駅にも近いし、オーナーはソムリエでワインの種類は豊富そうだと思われたのが決定要因。(笑)

お店はかなり小さく、1階はカウンター席(内側で料理)、2階がテーブル席で全部で20人入るか?というところ。9人で押しかけたので、2階貸し切りになってしまいました。

頼んでおいたのは、1人2,500円のコース(WEB上にメニューは無いのでおまかせ)、後は状況を見ながら私の方で黙々とワイン選択。何せ1人1杯も注げばほぼ一瓶が空なので、ずっと次の瓶を考えていた感じ。料理に何が出てくるか分からない状態で、次に何を飲むのか考えるのは結構プレッシャーですね。

一応フランス料理だと思うのですが、1人分ずつ皿に出てくるのではなく、大皿に3人分ずつ載ったのが三皿出てきて取り分ける風。前菜からメインの魚と肉まで全部で8皿(温かいパンを含む)くらいでしたかね〜。育ち盛りがいると「量少なめ」と思う可能性がありますが、個人的には丁度いい感じでした。デザートは別注文だったのですが、お腹いっぱいでパスしましたし。

ワインの方は、グラスワインも結構種類があった(ビールやソフトドリンクもある)けど、人数が人数なので、ボトルをどんどん。
最初はちょっとフルーティーな白(クーポン券使用)を、で次に中辛くらいの白、一気に赤に転じて、ボルドーの軽めのもの、ブドウ種を変えてちょっと重いもの、またボルドーの重そうなやつ、と適当に選択。結果的に、「順々にワインの味が濃くなっていく」ということで何とか面目を保ちました。とは言え、会社の宴会でワイン瓶開ける度にティスティングさせられてもねぇ、という感じはありましたね。
とは言え、フランス、イタリア、スペイン、アメリカ、チリってところかな?ワインの種類はかなり豊富で、値段の幅もありましたので、高級品に目がない方向けにも選択肢があるのではないかと。

メンバーが満足するだけの量と質を備えたコース料理に、ワイン4本分、デザート数名分と食後の飲み物、で1人5,000円程度で片付いたので、まぁ、コストパフォーマンスは良かったと言えますね。
ちょっとしたとき用によさそう、というところかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コストパフォーマンスが良かった浜松町のフレンチ いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる