いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ロンドンの高等法院だから判決文は公開されているよな...

<<   作成日時 : 2006/04/28 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

きっとイギリスのタブロイド紙あたりは、ダ・ヴィンチ・コード訴訟判決文に埋め込まれたという、その暗号文全文とやらを公開しているんだろうなぁ。

判決文も解読不能? ダ・ヴィンチ・コード訴訟に「暗号」

今月の初めに判決が出た「ダ・ヴィンチ・コード」盗作疑惑裁判に関して、

 この裁判官はピーター・スミス判事で、4月7日の判決で「ダ・ヴィンチ・コード」は盗作とはいえないとの判断を示した。その際の判決文は全71ページだったが、5−13の各ページに他の文字と字体の異なる太字の斜体文字が含まれ、それを抜き出して並べると、「スミス・コード」で始まる文字列ができるという。

どんな暗号文が出ているのか見てみたいです。このベストセラー小説、家で読んでいないのは私だけなんですが、映画より前には読みたいと思うものの、とてもそんな時間は取れなさそう...諦めて映画を先にするか、展覧会を先にするか?

それはともかく、日本の裁判官はかなりたくさんの判決を毎月毎月下しているはずで、あまり遊びをやっている心の余裕はなさそう。それに比べるとイギリスの裁判官は余裕があるなぁ、と思ったのはナイショの話。
まぁ、日本でこんなことをやったら、その裁判官は不謹慎であるとかいってマスコミに相当たたかれそうだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロンドンの高等法院だから判決文は公開されているよな... いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる