いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「生協の白石さん」

<<   作成日時 : 2006/01/03 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

お休みはお正月の3日間。TV見ておせち食べて借りたDVDを見て、初詣の外出だけして本を読んで、とまぁ、やたらと怠惰な生活を送っているような気がするけど、明日からはお仕事に出かけなければ。

お正月だからって、あまり頭を使わないで済む本ばかり読んでいてもいけない気がするが、とりあえず、今年の2冊目はこれ。「生協の白石さん」。

東京農工大学の生協で受け付けている「ひとことカード」(組合員から一言「工学部SB店舗の欄」)の面白いやりとりを集めた本で、BLOG「がんばれ、生協の白石さん!」を母体にしているそうな。

生協組合員(私も近所の大学生協に加入しているが、そうした人は滅多にいないので、先ず大学生であるといって差し支えない。)が、こんな商品を置いて、というお願いをするコーナーを使った当意即妙の受け答えに、ちょっとほっとする本というところ。なるべく生協の商品販売機会につなげようとするところにくすりと笑うもよし。このネタにこう返すかぁ、という点で楽しむもよし、といった感じでさっと読んでしまいました。商品取り扱い依頼が基本のはずなのに、恋愛系のネタが目立って見えるのは、さすがに大学生の重要関心事項だからなのかな?

たまたま家の中に転がっていた本だけど、パソコンの画面で同じネタを読むよりは楽かな?書籍化のメリットってその辺なんですかね?

話は違うけど1冊目はもう何度目になるのか忘れた「里見八犬伝」。TVドラマの方は改変し過ぎ。まぁ、忠実にやってしまうと登場人物の因果応報を組み合わせるのが大変で映像化がさらに難しくなるから、プロットを大きく刈り込まないといけないのは分かるけどさ。仏教的な側面が強い部分も削っているし、前後編3時間でおさめるためか八犬士以外の味方キャラがほぼ全部削られているのは、ちょっと残念(おかげで最後の締めが中途半端になってるし)。
生協の白石さん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あけおめ
書籍化のメリットってわかるなあ。印税ガッポガッポの他に、印刷媒体の方が頭に入るんですよ。ネットに公開するんで昔の文章を校正するんだけど、一回プリントアウトしたほうが間違いを見つけやすい。理由はわからないけど。

ドラマ八犬伝は個人的にはツボですw
2ちゃんで実況&飲みながらだったので異常にテンションがあがったなあ。スーパーハイテンションですよw 原作を知らなかったのも良かったのかもね
おだた
2006/01/04 18:43
私の場合、読んでいたメルマガやWebサイトが書籍化されても買わないので、書籍化ビジネスってよく分からない(だって、中身を検索にかけたりできないじゃない)のですが、普通の人が出版社へ持ち込む企画よりは、ハードルが低いんでしょうね。
Web上の誤字が、プリントアウトより見つけにくいのは同意。まぁ、活字になっていると誤字でも正しく見えるものですけど。
いーわん
2006/01/04 21:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「生協の白石さん」 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる