いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本「震災時 帰宅支援マップ 首都圏版」(8/8追記)

<<   作成日時 : 2005/08/05 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

企画が立ったのは昨年とかなんでしょうが、この間東京で大きな揺れと混乱があったせいで、妙にタイムリーな本になってしまいました。

<AISBN:4398680535>震災時帰宅支援マップ 首都圏版</AISBN>

本「あなたの命を守る大地震東京危険度マップ―東京23区+多摩地区」 でもちょっと触れた、帰宅難民向けのルートマップが発売されました。実際問題、帰宅ルートをほぼ把握している私には用が無い本なのですが、600円で手を出し易いこともあって購入。大通り沿いのコンビニとガソリンスタンド、トイレの場所などが記載されているので、都内マップとしても多少は便利に使えます。

とりあえず、都心部の地図が5ブロックと、千葉街道、水戸街道、日光街道、岩槻街道、中山道、川越街道、青梅街道、甲州街道、玉川通り、中原街道、第一・第二京浜の11ルートのロードマップから成り立っています。

このロードマップは、都心側を出発点に下るに従って地図の上へ移動。地図の一番上までたどり着くと次のページの一番下に繋がるという順で進んでいきます。
途中、帰宅支援が行われる予定の学校所在地や、道路沿いの特徴的なポイント(ブロック塀があるとか、道幅が狭いとかベンチがあるとか)が書かれているので、実際的な気がします。

しかし、東京駅から直線で30キロメートルって、千葉市の稲毛付近、我孫子周辺、せんげん台(越谷の先)、岩槻、大宮、三芳(所沢の近く)、東村山の先、立川の手前、永山(多摩センターの手前)、長津田、二俣川の手前、横浜市の西区近辺を結ぶんですね。なんか、「そんな先?」と思う場所と、「そんな近く?」と思う場所が混ざっていますが、これは生活圏がどこにあるかで印象が違うんでしょう。

職場に置いておいて、いざというときには、帰宅方向毎にページを破って持たせる、くらいの使い方をする本としては役に立ちそうです。

(8月8日追記)
昭文社のサイトに、
■震災時、都心から家まで歩いて帰るための地図 『震災時帰宅支援マップ 首都圏版』発売

というニュースリリースが出ています。どんな地図かのサンプルも出ていますので、ご興味ある方はこちらを参照すると良いでしょう。
震災時帰宅支援マップ 首都圏版

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
帰宅支援マップシリーズ再び 〜何匹目のどじょう?〜
本「震災時 帰宅支援マップ 首都圏版」で一度取り上げたのですが... ...続きを見る
いーわん情報源 たまには日記
2005/12/26 22:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本「震災時 帰宅支援マップ 首都圏版」(8/8追記) いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる