いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 地震時のインターネット利用と防災アプリ&事前準備(今後のご参考用 4/18再編集版)

<<   作成日時 : 2016/04/17 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の続きで、ブログの過去記事とSNSを流れてきた情報をちょっとまとめてみます。


通信回線は安否電話でパンクするのが過去の大地震の際の恒例となっているため、携帯回線がパンクしてスマホでネット出来ない、という事態も起きるかも。

その時に試してほしいのが、公衆無線LANの無料開放が行われていないかどうか。


災害時に無線LANを使う時には「00000JAPAN」を使え(2014/09/03)

で準備していたものが今回初めて災害現場に投入された模様。

大規模災害時における公衆無線LANの無料開放について(無線LANビジネス推進連絡会【WiBiz(ワイビズ)】無線LANビジネス推進連絡会【WiBiz(ワイビズ)】)


00000JAPANというSSIDを探してWIFI接続できるかもしれないので、そういうことが出来る、ということを次回以降の災害のために覚えておいた方がよさそうです。まぁ、地域が大規模に停電でもすればこれも機能しなくなりますが。

なお、実際にどこでWiFiが見られるかを公開しているそうですが、そもそもそれをインターネットでしか見られないようでは話が堂々巡りになってしまいますね。

九州の無料Wi-Fiや避難所Wi-Fiの場所が分かるマップ公開、熊本県・大分県では公衆電話が無料化(InternetWatch)



というわけで、ネットが繋がるとは限らない状況を想定して、必要な情報を自分の手元に持つ、というのも大事。

震災時帰宅支援マップ 首都圏 - 帰宅支援地図アプリ

東京23区しか用意されていないけど無料の地図アプリも実はあります。
災害避難マップ

※ 九州の地図は熊本の地震に関連して公開されている模様。詳しくは前回記事を参照


こういう風に紹介されているものも参考にしてみるのもよいかと。

地震の時に役立つiPhoneアプリを使ってみて+α(iPhone&iPadアプリナビ アイアプレヴ)

家庭の医学:応急処置をしたい時に役立つ iPhoneアプリ(iPhone&iPadアプリナビ アイアプレヴ)


Yahooの用意しているこの避難所一覧は、「避難所開設予定場所一覧」なので、自分に関係する場所を事前に見ておく、というのが良い気がします。

避難所一覧


で、最新の道路情報を手に入れようと思ったら、

通れた道マップ(トヨタ)

道路通行実績情報(Yahoo−ホンダ)

Google クライシスレスポンス(「災害情報マップ」において、「レイヤ」から「自動車通行実績マップ」にチェックを入れると、少なくとも地震後一度は通行実績がある道路が青色で表示される。−今回のように頻発した結果後で通れなくなった可能性もある−)

ITS Japan 通行実績情報


を見るのがよさそう。



避難所に難を避けた後のことについては、

これらのサイトを参考に防災対策の見直しはいかが?(2014/09/01)

妊婦、乳幼児から学童までがいるご家庭向け防災対策参考資料(2013/09/02)

江東区謹製 高層住宅用震災マニュアルは他の地区でも便利(2013/06/05)

あなたの居る避難所に外国の方も来たときのためのマニュアル集(2015/09/05)

Japan earthquake how to protect yourself in 18 languages 【地震発生時緊急マニュアル(18カ国語翻訳)】


自閉症の人たちのための防災ハンドブック(PDF資料)というのがあるそうです。特別なケアが必要な方々向けの準備もまた重要です。
↑を画像としてご覧になる場合はこちらをどうぞ。

船橋市の作った「子育て防災手帳」というのもあるのだとか。必要な家庭ではそういうのもチェックした方がいいですね。


あとは、避難所運営者になった場合用に
避難所運営マニュアル(陸前高田市)

と、避難・疎開で自宅を留守にする人用に、
被災避難で家を空ける際の父親(元自衛官)空き巣対策に脱帽したお話(togetter)


子どもたちに防災意識をもってもらうために
防災手帳(PDFファイル)

『防災手帳』『「防災手帳」指導の手引き』を発行しました!(社会応援ネットワーク)

というのもある模様。いつ自分たちが被災者になるか分からないから、準備は大切ですね。


最後に被災地でない場所から、支援を!と考えたときのための1冊。

【再掲】熊本地震を受け、拙著『災害支援手帖』(木楽舎)の全ページをPDFで無料公開いたしました。東日本大震災の被災地、支援団体を取材し、災害支援についての基礎知識やヒントとなる事例をまとめたものです。少しでもお役に立てれば幸いです。 http://books.kirakusha.com/saigaishien/
https://twitter.com/torakare/status/720939517268471809

とはいえ、労作をまとめた手間に対して「本を買う」のが礼儀ではありますが。



災害支援手帖
木楽舎
2016-03-02
荻上チキ


Amazonアソシエイト by 災害支援手帖 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地震時のインターネット利用と防災アプリ&事前準備(今後のご参考用 4/18再編集版) いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる