いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今回の熊本・大分の地震関係情報メモ(4/18内容再編集)

<<   作成日時 : 2016/04/15 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

twitterなどで手に入れた情報リンク集です。

各種リンクが充実している
九州防災ポータルサイト


地震があったときにこういうアカウントをフォローしておけば、震度などの情報をtwitterで流してくれるので、いちいち気象庁などのサイトを見に行かないですみます。

あと、政府(内閣府)からの発表は、ここをフォローすると入手することができます。デマに惑わされないよう公式な情報源はなるべくフォローしておくのがいいです。



「地震発生直後に推定される情報を用いて、市区町村ごとの揺れの状況、震度遭遇人口、周辺地域での過去の被害地震、地震ハザード情報などをコンパクトにまとめたWebサービス」というのもあって、災害のアウトラインを掴むのに便利である模様。

J-RISQ地震速報

例えば、今回の地震だとこんな感じ。

M 6.4, 震源地:熊本県熊本地方, 深さ約10km 2016/04/14 21:26頃発生 (気象庁発表)


似たようなもので、国土地理院が、地図に震源や活断層をプロットしたものを公開しているとか。

地理院ホーム > 防災関連 > 熊本県熊本地方を震源とする地震


あと、この地震の多さの異常性はビジュアル化されると分かり易い。

日本地震マップ(4月頭から18日までの震源をプロットしてみると・・・)

熊本地震の余震ペースを電車の時刻表風にしてみた…「終電ないはずの時間が一番多い」「直感的にヤバさがわかる」(togetter)

なお、311で同様のものを作るとこうなるのだそう。


あと、地震に関する一番の公的な説明は東大地震研のこれか。
「平成28年(2016年)熊本地震(M6.5)の地学的背景と布田川断層帯・日奈久断層帯について」(東京大学地震研究所)



で、この震源があった活断層。ここが揺れるのは例によって「想定外」。

熊本県の地震活動の特徴(地震本部)


発生するかもしれない地震の大きさ自体は想定されている線でさほど間違っていなかったようだが、確率がほぼ無いに等しく。また裏をかかれている印象。まぁ、高い確率のものから順番に地震が発生するわけではない、ということをよく覚えておかないと、ということです。

(他の地域の方向けにご参考)
都道府県ごとの地震活動(地震本部)


ただし、千年もさかのぼれば無かったわけではない、というのは東北の時と同じ。

保立道久の研究雑記(火山・地震カテゴリ)では、今回の地震を、9世紀の地震と比較してどう見えるか、の記事をいくつか連載されています。
同じ記事がBLOGSにも掲載されている模様)

(耕論)震度7、熊本地震の衝撃 大木聖子さん、磯田道史さん、河田恵昭さん(朝日新聞デジタル)



今回の熊本の地震とされているものでは大分も揺れているのだが「熊本地震」の名前のせいか隠れがち。

地元新聞のPDFで報道を見ることができます。
大分合同新聞社本紙一部紹介


あと、地図・データベース系の情報を少し。

iOS地図アプリ「MapFan+」の地図データを無償ダウンロード提供、熊本地震を受けて期間限定で、オフラインで利用可能(InternetWatch)

「Yahoo!地図」アプリ、無料充電スポットと給水地点を検索・表示可能に(InternetWatch)

Google マップに熊本県内の「スーパー営業情報」「炊き出し&支援物資集積地点」「給水所」集約、避難所の状況・ニーズを共有、学生らのコミュニティが運営(InternetWatch)



で、地震のときになると、地学履修者でもないとよく分からない単語が飛び交うのでその辺の解説。

震度?マグニチュード?深さ?大地震用語のおさらい(備える.jp)


中央構造線ってなに?(大鹿村中央構造線博物館のホームページ)

長野県大鹿村の大断層「中央構造線」----山の自然学シリーズ(3)(西田進のホームページ)


中央構造線って、南海トラフのような大きなひとつながりの線として一斉に動いて大地震を起こすって認識は無いはずなのだけど、小松左京の「日本沈没」の最終段階で「中央構造線沿いの断層が同時多発的に動いて超巨大地震を発生させ、九州と近畿が南北に分断、四国が南に押し沈められる」描写の舞台になったことがあるせいか、今回の地震で、構造線沿いの他の地域でも連動するのではないか、という不安もある模様。

そんなことは分からないけど、日本ならどこでどんな大地震がいつあっても不思議ではない、とは思っておかないといけないのでしょうね。


とりあえず、近所に大きな地震が高い確率で起こす断層がないから、という理由で対策を後回しにしている九州電力さんには反省してほしいところ。

熊本で震度7! 川内原発にこの規模の地震が直撃していたら...再稼働した原発の甘すぎる地震対策(BIGLOBEニュース)



あと、熊本の地震に関連してこんな記事も。まさに「へぇー」という感じのお話。

熊本大地震21分後にF-2発進 何も見えない戦闘機、災害時になぜ飛ぶ?(乗りものニュース)

【真田丸】熊本城、400年前に造られた部分は無事らしい→加藤清正と昔の大工さん石工職人の築城技術がすごいと話題に

熊本城の瓦が落ちたのは単に地震で崩れたのではなく理由があった「いつの時代も地震のことを考えてるとは」

なお、この瓦の件はデマっぽいという話も。
熊本城の瓦は落ちるべきなのか、懐古主義的業界的都市伝説(ネットロアをめぐる冒険)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今回の熊本・大分の地震関係情報メモ(4/18内容再編集) いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる