いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本物の本の迫力!>「世界を変えた書物」展

<<   作成日時 : 2013/09/22 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

名古屋市科学博物館で行われている金沢工業大学の稀覯本展示会まで、往復の新幹線代を負担して遠征を決行したのだから私も病膏肓かもしれませんが、やはり本物の迫力は実際に見ることでしか得られないですからね。

「世界を変えた書物」展公式サイト

今時っぽくSNSも

https://twitter.com/shomotu_News

http://www.facebook.com/pages/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%81%9F%E6%9B%B8%E7%89%A9%E5%B1%95/345147175535389


以前、

本「世界がわかる理系の名著」(2010/04/21)

という本を読んだことがありますが、その時に紹介された「世界を解き明かした本」のうち、

◎ガリレイの「星界の報告」
◎ニュートンの「プリンキピア」
◎アインシュタインの「相対性理論」
◎メンデルの「雑種植物の研究」
◎ダーウィンの「種の起源」
◎ワトソンの「二重らせん」(展示されているのは論文だけど)

の本の実物があるというのだから驚き。実際には、そんなものではなくて、ユークリッド幾何学とか、コペルニクスの地動説の本とか、デカルトの数学の本とか、三原色とか蒸留法とか、キュリー夫人の「放射性元素」に関する書物、非ユークリッド幾何学に関する世界初の論文

などから、広島に投下された原爆の被害報告、チャレンジャーの事故調査報告書・・・特許書類があると思ったら、エジソンのダイナモ発電機だった、と言う具合。


「世界を変えた書物」展ブックリスト


で、ただの稀覯本展示ではないのが、これらを一つの体系にして展示している点。

http://p.twipple.jp/sx6Po

で紹介されている会場風景(実は「見学者の方が入るとライトがあたって、その方も展示品の1つのよう。」というのには自分は全く気付かなかった・・・)を見ると、中心に妙なオブジェがあるのが見えるけど、

よく見ると、
画像


アリストテレスから拡散したのちにアインシュタインに向かって収れん知の系譜の立体図になっています。

だから、
宇宙(天文学)、
数学(ユークリッド幾何学と非ユークリッド幾何学)、
化学、
音や光、電波、飛行機やロケットなどの技術、
放射性元素研究から核兵器に向かう研究(素粒子研究がこのラインに乗っていることは否定できない)

が、すべて、現時点での最高点である一般と特殊の2つの相対性理論に向かって集まる形状になっているのだとか。


で、13個目のアインシュタインに行くまでに12の分野で本がこんな感じで弧を描くように並べられて見られます。

画像


一つ一つの本は、ガラスケースに広げて置いてあって、その下には鏡があって、表紙・裏表紙も見られるように(尤も、味も素っ気もないのが多いのですが)。

画像



休みの日になると、この監修者の竺覚暁(ちく かくぎょう)金沢工業大学教授のミュージアムトークがあるのですが、これがまた凄い(正直、ポッドキャストか何かで配信してくれないかな、と思っているレベル。科学史の講義としてものすごく勉強になります)。

サイトの「40分」なんて大嘘で、1時間以上も話している(係に人に止められて、渋々端折っている感がありありなので、絶対フリーダムに語らせたら一晩でも二晩でも語るに違いない)のですが、

ここに並べられている本がどのように世界を変えたのかを知りたかったら、これを聞くしかないです(一応入口のところで、その模様をビデオ映像で流しているので、ずっとそれを見るという手もある。ホント配信してくれないかなぁ)。


来週末までなので、チャンスはさほど残っていないですが、機会があればぜひ覗いてみるといいと思います。どれ一つ欠けても「今の世界」がちょっと変わってしまう本たちです。


[世界を変えた書物]展
会場:名古屋市科学館 地下2階イベントホール
会期:2013年9月13日(金)〜29日(日)
午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
〈17日(火)、20日(金)、24日(火)は休館〉


おっと、本の紹介と解説があるページもあった。見に行けない人はせめてこちらを。
工学の曙文庫


稀覯本といえば、

田町の慶應大学でグーテンベルク聖書を一般公開中(2012/04/25)

もまたいずれ一般公開されるのかな。


せっかくなので、他の方のブログも紹介

お気らく活字生活 「世界を変えた書物」展





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本物の本の迫力!>「世界を変えた書物」展 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる