いーわん情報源 たまには日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 皆既日蝕観測報告

<<   作成日時 : 2009/07/26 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

帰国報告の時に既に書きましたが、今回は、天候を味方に出来ず、残念ながら日蝕自体をこの目で見てくることはできませんでした。

上海も前日の夕方近くまでは本当にいいお天気。気温も35度とか36度とかいう暑さで、バスで観光しているだけでへたばりそうではあったのですけどねぇ...日が暮れる前には分厚い雲が出てきて、私が泊まっている金山地区という南の海岸線付近では、前夜からかなり強い雷雨が...これで先に上がって雲が切れてくれないかな、と思ったけど、全然そんなのでは足りなかったみたい。

朝起きて外に出たら、湿度がほぼ100%で、空調の効いた部屋とのギャップのためにカメラのレンズがすぐに曇ってしまう状態。当然のように太陽は拝めません。

それでも、雲が薄くなる瞬間があれば何とかなるかな、ということで、午前8時前から観測会場でセッティング。

画像


で、グラウンドの地面近くを飛び回るトンボを見たりしつつ、曇り空からたまに覗く欠けた太陽を観測して、得られた最大食の写真(上海時間で午前9時25分頃)が先日のこれ。

画像


最初にセッティングしたときには、朝からの高湿度の状態にカメラを慣らしておく目的などもあったのですが、日蝕が始まる頃には少し湿度が下がっていましたね。

9時過ぎくらいに、少し蒸し暑さが弱まったなぁと思い周りを見渡すと、トンボたちが最初の頃より高い場所を飛んでいる。

で、皆既になる午前9時36分の、2分くらい前から少し薄暗くなったなぁ、と思った頃にはトンボたちはいなくなっていました。それを確認した直後に、ちょうど電気を消したかのように、急に辺りが真っ暗に。風が吹き始めたか、というと、その前からちょっと吹いていたので、日蝕のせいで風が出たかどうかは不明です。

で、ライトがなければ、たった数メートル隣の地面に座っている人たちも見えない暗闇に。曇っていたために、地平線付近が(月の影になっていない部分の昼間の明かりで)明るいということもなく、完全に暗くなってしまったようです。

画像


これが約5分続き、始まったときと同じように唐突に明るくなることで、日蝕は終わりました。

この段階で引き上げる人と、また雲間から覗かないかなと待つ人に分かれ、私は、どっちつかずに、周囲の人に頼んで、自分の記念写真などを撮ってもらったりしていたのですが、皆既時間終了後5分くらいで、周囲にはぽつぽつと雨粒が。

危険を感じたので、ささっと片付けて撤収。10分もしないうちに大粒の豪雨になり、雷光がきらめく状態になってしまいました。

確かに、ダイヤモンドリングとかの派手なものは見られなくて、非常に残念だし、生涯の目標としての「皆既を見る」というのを達成したとは言えないけど、あの「影」の経験はちょっと代えがたいものであったのは確かです。

しかし、何もあの日に限ってあんなに広範囲で悪天候になる必要なんかないじゃないのさ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日蝕
今回日本中が盛り上がった日蝕でしたが、残念ながら、私は見ることが出来ませんでした。 見逃してしまったことによって、私の人生の中で、日... ...続きを見る
飛岡健の未来予測 独り言
2009/07/27 16:59
ダイヤモンドリング!@ケアンズ
前回の末尾に張ったリンクの「弾丸ツアー」でオーストラリアまで行ってきました! ...続きを見る
いーわん情報源 たまには日記
2012/11/15 21:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
皆既日蝕観測報告 いーわん情報源 たまには日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる